白線を越えたら、そこは光暈を纏うあなた。

親愛なる髙橋優斗さん、お誕生日おめでとうございます。

 

 

 

折角の記念日ですので、髙橋優斗さんに出会った軌跡を少しだけ綴ろうと思います。

 

 

 

「太陽の人」

 

自分の将来に確信が持てなくて気持ちがふらついていた高校生の春、助けの声も出せなくてうじうじしていたあの頃。毎日生きることに必死で好きな事を推すのも疎かになっていて不安と恐怖でいっぱいだったのを覚えています。

 

そんな時手を差し伸ばしてくれたのが、まだあどけない表情をしていた自分と同じ歳の男の子。とある番組で目にした彼の希望に満ち溢れた瞳に心が奪われたのです。運命とか永遠とか、そういう言葉は苦手だけれどその時だけは「それ」に縋ってみようかなと思えるほど衝撃を喰らいました。

 

(高校生の私へ、その小さなきっかけに頼って正解だったよ。

毎日優斗さんから生きるパワーを貰っているし、真っ直ぐで躊躇いのない言葉を口に出来る所に憧れて前に進む勇気をもらい少しだけ自分の性格を変える事が出来たよ。)

 

 

そして優斗さんを全力で応援しよう、と確信したのがYouTubeに上がったHiHi Jetsのパフォーマンス映像。煌々と輝くスポットライトの下で真っ赤な衣装に身を包まれて踊る貴方を初めて観た時、すとんと腑に落ちました。バラードでも泣かせるような演出があった訳でも無いのに、宝石のようにきらきらと光る姿にいつの間にか頬に涙が伝っていました。

 

この人に未来を託してもっと素敵な景色を一緒に見て行きたい、と。

 

 

 

 

 

髙橋優斗さんには魅力がある。

 

お茶目なところ

 

ふいに、意表を突く言葉

 

ひたむきに努力していく姿

 

演技

 

遠くまで通る癖のある声

 

想いを打ちつけるような強いダンス

 

天性の愛され体質

 

 

たくさん素敵な所がある中で何と言っても大好きなのが

 

"寄り添う"ちからがあるところ。

 

厭世的な考えになりがちなご時世に、優斗さんの笑顔のお陰でたくさん救われました。幸せだとか楽しいだとかポジティブな気持ちを周りに伝染させる人で、ドラマの撮影現場の様子を見てるとそれが伝っていました。

また、目の前のお仕事に丁寧に向き合い、真っ直ぐな努力で成長していく姿に何度誇らしく思ったでしょう。こんな素敵な人を応援出来ている事が自慢です。

 

貴方はどれくらいの人を暗闇から引き出し明るい場所へ連れてきてくれたのでしょう。

 

 

日常にきらきらと彩りをありがとう。

間違いなく優斗さんはスーパーヒーローです。

 

 

 

私から出来る事なんて毎日「好き」を届けるくらいで。微力かもしれないけど、優斗さんがなるべく暗い気持ちにならないように背中を押してあげて、大丈夫だよって声をかけて優斗さんを信じてついて行きます。

 

大切なメンバーと一緒に笑っていてほしい。

たくさんの夢を叶えてほしい。

 

 

 

 

最後に、

 

21歳の優斗さんへ、たくさんたくさんありがとう。

 

22歳の優斗さんは、きっとわくわくと希望で溢れています。

 

 

 

 

私の主人公君、これからもその陽を纏っていてね。

 

2021.11.15

 

 

 

 

夢みるプレイリスト

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

遂にはてブロに手を出してしまいました。

 

 

 

※何しろ初めてブログというものを書くので読みづらかったり、理解しにくい点が幾つかあるとは思いますがお手柔らかに、暖かい目でご覧下さい。

 

 

はてブロを勧めて下さったFF様、本当にありがとうございます!

  

 

 

 

 

 

突然ですが、

嵐さんの楽曲をHiHi Jetsさんに歌ってほしい!

 

 

そんな想いから拙くはありますが、つらつらと書いていきたいと思い至り筆を進めております。

 

 

この私、人生の半分以上は嵐ファンとして過ごしています。

 

その数年後あっさりとSnow ManHiHi Jetsに落ちて今や3グループを忙しなく応援する身となりました。

 

 

 

こう掛け持ちをしているとどうしても芽生えてしまうのが

「この楽曲、このグループが歌うとどうなるだろう?」

という思考です。

 

 

 

特に嵐さんとHiHiさんは相性が良く、

その中でも嵐さんの初期から確立期(大体2000年~2007年)では"とんがった少年や青年の心"、でもその中に隠れる"繊細な感情"を表している楽曲が多いため、現在を奔るHiHiさんと何処か雰囲気がリンクしていて合わせてしまいたくなるんですよね。

 

 

 

さて、前置きが長くなりましたが HiHi Jetsさんに歌って頂きたい嵐さんの楽曲紹介を

 

シングル

 

・アルバム

 

カップリング

 

の順にしていきたいと思います。

その中で幾つかは説明や個人的見解を加えながら書かせていただきます。

 

 

 

シングル

台風ジェネレーション -Typhoon Generation-

 

Step and Go

 

Crazy Moon ~キミ・ハ・ムテキ~

 

To be free

 

Bittersweet

→こちらは私がシングル曲でハマりこんだ大好きな楽曲の一つです!

相手を想いチョコレートを作るような幸せな甘さ、けれどほろ苦い大人の恋愛模様が描かれています。HiHi Jetsさんには少し背伸びした大人の楽曲にももっともっと挑戦して頂きたく選曲させていただきました。

ただひたすらに好きな相手に対して抱えている愛情を優しく歌い上げる姿は嵐さんとHiHi Jetsさんでは少し違う雰囲気が出そうですね。

 

 

 

 

 

アルバム

①アレルギー

 

Crazy Groundの王様

 

③テ・アゲロ

 

JAM

 

Dear My Friend

 

⑥素晴らしき世界

 

 

.........と、ここで少しズレますが、これを書き上げている現在 嵐さんの円盤を一つずつ聞き直しているのですが、

 

 

"ARASHIC"とHiHi Jetsさんとの協和性とんでもないのでは?

 

 

そうなんです 嵐の方向性が確立していく時期でもあり世界に向けても「俺らはこんなグループだ」と叫ぶような盤であるARASHICは、自分達を誇示しジャニーズを背負う覚悟がまじまじと見えるHiHi Jetsさんと重なる部分が多いのです。

 

 

 

 

ということで、ARASHIC×HiHi Jetsソロのご紹介!

相葉雅紀×髙橋優斗   Hallo Goodbye

 

二宮和也×井上瑞稀  Gimmick Game

 

大野智×作間龍斗  Take me faraway

 

松本潤×橋本涼  Naked

 

櫻井翔×猪狩蒼弥  Hip Hop Boogie

 

 

 

っっく〜〜〜〜〜〜! とてもいい、凄くいい!

 

明るく真っ直ぐで無邪気な相葉くんとお茶目できらきらな瞳と笑顔を持つ優斗さん

不意の表情に色気の出る二宮さんと舞台上での表情管理はお手の物の瑞稀くん

多才で独自の雰囲気を持つ大野さんとミステリアスでありながら物事を瞬時に理解し自分の物にする作間さん

誰よりもセクシーで甘い歌声の松本さんとワイルドかつ柔らかな歌声を持つ橋本さん

革命児でありながらインテリな櫻井さんと頭の切れ味と語彙力に定評のある猪狩さん

 

相性が良すぎる。仕組まれているのかという程に。

 

 

 

ごめんなさい、取り乱しました。

それではまた楽曲紹介に戻ります。

 

 

 

⑦太陽の世界

→来ました、圧倒的NO.1でHiHi Jetsさんに歌っていただきたい楽曲!

 

 

どけどけのけのけ邪魔ですそこのけ

皆がホレボレ ただちにモテモテ

近う寄れ寄れ そっちで揉めとけ

俺の手取れ取れ 凄まじい光景

無理だよ到底 おたくにとっては冒険

(OH!?盲点?)or 挑戦? そうこれしき当然(一丁アガリ)

 

 

 

ハイスピードのラップが続く前半パート。

猪狩さんを中心に他メンバー4人がゴリゴリのダンスパフォーマンスをしてる図が浮かび上がるのです。

また、ラップ以外の歌詞もとても良く

 

 

切なさも優しさも全部 胸にあるから

知らず知らずに積み重ねた時を彩る

 

ため息に負けそうな時も 心潤す

ずっと変わらない君が見せた 笑う横顔

 

動き出した時間の片隅に 探し当てた夢の欠片と

情熱の中にある今を信じて

 

 

若い頃から舞台やライブ、様々な環境を乗り越え乗りこなしメンバー同士で励まし合い前を向き続けたHiHi Jetsさん。こちらの歌詞にある"夢の欠片"は単独ライブの五騎当千決定や以前から口に出されていた「伝説のグループになる」「次に最速でデビューを掴むのは俺たちです」と私達ファンに安心や刺激を与えてくれる言葉なのかなと想像してしまいます。

パフォーマンス動画で度々5人一列での横顔が並びますが、その時の全員の瞳の向く先と表情が晴れやかでこの人達を信じて応援していきたい想いが募っていくのです。

 

"今"だからこそ歌える楽曲をどうか、御検討ください。

 

 

 

Summer Splash!

→真夏の空の下、新国立競技場で声高らかに、でも過ぎ去っていく夏を何処か儚げに歌う5人が想像出来ます。

 

いつもの場所また集合したなら

走り出そう ほら向こうに 今から

微熱のような温もりな肌

風に吹かれ動いた空 ほら…

 

 

いつか新国立競技場でのライブが恒例になり"いつもの場所"になって欲しいですね。そんな想いが篭ったライブで、興奮した身体に屋外だから感じられる風を浴びながら参戦している私達も歌う本人達と一緒に夏を感じたいものです。

 

 

 

 

 

カップリング

①明日に向かって

 

②はなさない!

 

③恋はブレッキー

→私の大好きな男性側が弱い立場に居て女性に振り回され、拗れた感情を募らせるジャニーズ楽曲です。

サビやラップ詞から女性に対して怖いくらいの独占欲の塊で溢れています。ぜひ歌詞をよく見て聞いてほしい曲となります。苦く切ない表情で歌い上げてほしいところです。

 

五里霧

 

NA!NA!NA!!

 

スーパーフレッシュ

 

⑦ミラクル・サマー

 

なんて奇跡 惹かれ合うココロ こんなにホラ燃え上がってるよ

どうしようもなく君が好きなんだ 眩しい太陽のようさ

風に背中押されてる 'Cause I love you, yes I love you

もう止められない

この腕の中 早る鼓助伝わって 夏が来る…

 

 

何ですかこのきゅんきゅん具合は、という程ピュアに全振りしています。自分なりではありますが、この恋人たちは遠距離恋愛してるのでは?と勝手に解釈しています。夏が来る度約束の場所で会うのを全力で楽しみにしている彼氏目線の歌で、恋の波に溺れている様子を「好きな感情が爆発しそう」と夏らしさ全開のリズムに乗せて表しているようです。

 

 

 

 

 

 

以上になります。

 

共感できる曲がありましたでしょうか?

 

長々と文章を書く経験が浅いのと、語彙力の無さ(ただ曲名を並べただけのブログとは到底言えない)により全ての曲を解説出来ない事で非常に読みにくく伝わりづらかったとは思いますが....

自己満足すぎる文章をここまで読んで下さって本当にありがとうございます 🙏🏻

 

 

 

お詫びと言ってはなんですが、嵐×HiHi Jetsのプレイリストのリンクを貼っておきますのでお暇があれば覗いて聞いてみてください。

 

 

ここまで、お付き合いありがとうございました!

次はHiHi Jets×ボカロ(仮)でお会いしましょう

 

 

 

https://music.apple.com/jp/playlist/%E5%B5%90-hihi-jets/pl.u-06oxpo6tWXX2M4p